スポンサードリンク

カビや細菌、ほこりやヤニだらけのエアコン


エアコンクリーニングなんて面倒くさいと思いますか?

エアコンの汚れを放っておくと、エアコンにとっても
家族の健康にとっても大きなマイナスになりかねません。


■カビや細菌、ほこりやヤニだらけ

エアコンのスイッチを入れたらイヤなニオイがした。。。

これはエアコンの内部の送風口や金属のヒダの
カビや雑菌が繁殖しやすい部分に、ホコリ、カビ、ダニなどの
雑菌が繁殖している可能性が高いです。


エアコンクリーニングしないで使い続ける、つまり
汚れたエアコンを稼動すると、イヤな臭いを発生させるだけ
ではなく、目には見えなくても部屋中にカビや雑菌が充満
させてしまいます。

生活環境にもよりますが、購入後2〜3年お使いのエアコンは、
ホコリがかなりたまっています。

特に北側や浴室近くに部屋がある場合、カビが発生しやすい
傾向があります。 

環境によりカビとダニが繁殖する前に早めに定期的な
エアコンクリーニングをしたほうが良いといえます。

カビが一気に繁殖してくるのは例年5月ごろです。
冷房をお使いになる前に、エアコンクリーニングで消臭消毒!

エアコンのお手入れを怠ると、ダニやホコリに悩まされるだけでは
ありません。

夏場にはよく夏風邪のような症状になりやすいってことありませんか?

実は汚れたエアコンを稼動することにより、エアコン内部の
カビや花粉、ホコリがお部屋全体に排出されます。

すると、アルテルナリアという黒カビの一種が発生して、
ぜんそくを発症したり、夏型肺炎過敏症候群といって、
咳き込んだり、頭痛、めまいなどの症状をひき起こします。

ぜひ、エアコンクリーニングすることをおすすめいたします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3919884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック