スポンサードリンク

これまで標準的に使用されてきたエアコン洗浄剤

 
 最近、エアコンクリーニング業界でも大きく分けて
2種類の主流となっている洗剤があります。


これまで標準で使用されてきたエアコン洗浄剤】と【エコ洗浄剤】です。

どのような違いがあるのでしょうか?


■標準的によく用いられてきたエアコン用洗剤

もっとも標準的なエアコンクリーニングの方法は、

「強アルカリ洗剤」を使用し、高圧ポンプにより溶けた汚れを
吹き飛ばして洗浄する方法です。

これが従来よく用いられてきた洗剤と方法です。


もちろん汚れはすばやく落とせて、きれいになりますが、
洗剤の成分に体や環境によくないものが含まれている
というデメリットがあります。

またアルミフィンを腐食させたり、洗浄後に独特な臭いが残ります。

もちろんほとんどの業者が消臭スプレーを用いていますが。

イメージ的には超強力な洗剤で汚れを溶かして落としてしまおう
という感じでしょうか。


この種の洗剤は「強アルカリ性」の洗剤です。

そしてこの洗剤には苛性ソーダという劇物指定の薬品が入っています。

この薬品は短時間で非常によく汚れが落ち、作業効率は良いのですが、
強すぎてエアコンのアルミで出来ているフィンを腐食させてしまう
恐れがあります。

もちろん、洗剤を使用するときには手袋をして作業を行います。


また、数年前にあるメーカーのエアコンが、この種の洗剤と
化学反応を起こして(洗浄中にかなりの熱を帯びる)注意を
呼びかけることもニュースで流れました。

つまり、強力に汚れを落とせますが、強い化学反応を起こすので、
排水の汚れや、体に洗剤の残留成分が影響を及ぼすことが心配だ
という方には向いていないかもしれません。


メリット:
・汚れはよく落ちる 
・作業時間が比較的短めで済む

デメリット:
・洗剤残留成分が体に心配
・排水が地球に優しくない

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3924787
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック