スポンサードリンク

エアコンクリーニングの作業手順は?

  
 エアコンクリーニングをプロに頼むとどのような作業が行なわれる
のでしょうか?

一般的な作業手順をご紹介します。


1 動作確認 (試運転をして正常に作動するか確認します)

2 床や壁の養生作業 (水をたくさん使うので床や壁が濡れないように養生シートやブルー
               シートを用いてしっかり養生します)

3 分解作業 (前面パネルやフィルターなどを取り外してゆきます。
         シロッコファン(送風ファン)も分解掃除する業者もあります)

4 パネル、フィルター洗浄 (浴室やベランダ等をお借りして、取り外した前面パネルと
                 フィルター、シロッコファンを洗剤洗浄、高圧洗浄します。)

5 本体の養生作業  (エアコン本体の電装部などに水が入らないように養生します。さらに
              エアコン洗浄専用シートを取り付け、エアコン本体を養生カバーで
              包み込むように養生します。)


【エコ系洗剤を使う場合】

5−1 エコ洗剤を希釈して作ります

5−2 高圧洗浄機でアルミフィンや送風ファンに、希釈したエコ洗剤を直噴射します

5−3 少し時間をおきます

5−4 高圧洗浄機で今度は水を直噴射し、十分にすすぎます

【10へ】


6 内部の冷却アルミフィンと送風ファンへ洗剤を散布

7 洗剤洗浄 (散布した洗剤がすぐに汚れを溶かし始めますので、熱交換器の奥の方の
          浮き立った汚れを高圧洗浄機の水で吹き飛ばし落とします。この時、ホコリ、
           ヤニ、カビなどすべて洗浄できます)

8 すすぎ水洗い (充分に汚れを落とした後、洗剤成分を残さないため、中和剤を使用し、
            もう一度念入りに高圧洗浄します)

9 PH値確認 (アルカリ性洗剤を使用した場合、エアコンに洗剤成分が残っていないか
            確認します)

10 消臭、カビ、除菌コート仕上げ

11 リモコンやコード類のクリーニング

12 室外へ水滴を排出するドレンホースを吸引

13 養生撤去 (エアコン本体の水分をタオルでふき取り、養生シートなどを取り外します)

14 取り外した部品の組み込み (シロッコファン、ドレンパン、フィルター、前面パネルなどを
                     元の状態に組み込んでゆきます)

15 動作確認、試運転 (動作確認、本体乾燥のためにしばらく試運転をします)

16 動作、外観チェック、片付け → 完了


 というのが基本的な流れです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3925418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック