スポンサードリンク

エアコンクリーニング 業者選びのコツ

 
 皆さんはエアコンクリーニングの業者をどのように選んでいますか?

「有名な会社なので頼んでみました 」
「タウンページで目立っていたのでお願いしました」
「料金が安かったので頼んでみました」
「ホームページの感じが良かったので頼みました」


いろいろな方法で業者選びをされていると思いますが、その後、実際に
作業していただいた時に不満を感じることも多いようです。


汚れがひどいのでホームページ掲載の価格にさらに追加料金が必要です、
と別途請求されたとか、よくわからない洗剤セットをしつこくセールスされた、
しばらくは良かったが1週間くらいでもうカビ臭いニオイがしだしたなどです。


では良い業者はどのように選べば良いのでしょうか?


じつは、良い業者を選ぶコツがあります。


電話で依頼する時に、次のことを確認してみてください。


■「エアコンクリーニングの作業時間はどれくらいかかりますか?」


「1時間以内です」と答えられると、さらに確認した方がいいかもしれません。

通常、基本的な作業手順をすべてしっかり行なおうとすると、エアコンの汚れ
具合にもよりますが、なかなか1時間以内に終えるのは難しいといえます。

もし、それくらいの時間で終わるようでしたら、どこかが手抜きになっている
可能性が疑われるかもしれません。

例えば、シロッコファンやドレンパンをしっかり洗浄して、すすいでいるでしょうか?

見えない部分まで徹底的に洗浄し、すすごうと思うと、2時間近くかかってもおかしくありません。


またエコ系の洗剤を使わない一般的なエアコンクリーニング洗浄剤は、苛性ソーダが
含まれている強アルカリ性の洗剤では、素材を傷めやすいため、洗浄後、必ず中和剤を
使用して、充分なすすぎ洗いをしなくてはなりません。

しかし、この作業を適当に行なう業者がクリーニングしたエアコンはどうなるでしょうか?

エアコン内に強い洗剤が残留してしまい、アルミフィンが腐食してしまったり、以前よりも
早い期間でカビが出てきたりします。

ですから、しっかりとした作業を行なう業者を選別する1つの要素は、
作業時間から見極めることが出来るかもしれません。


別のどのようなコツがありますか?

■「どんな道具でエアコンクリーニングを行われますか?高圧洗浄機を使用されますか?」


高圧洗浄機を使用しない業者もたまにいます。

安価で作業時間も早いかもしれませんが、エアコンにはかなり良くないかもしれません。

そのような業者は電池で動かす噴霧器で、洗剤で溶かした汚れをすすぎ
落とそうとしますが、まったく水圧が足りず、内部奥の汚れは取れませんし、
洗剤がエアコンに残留する可能性が大です。

ぜひ高圧洗浄機で行っている業者を探してください。


■「失礼なことを伺っていたらすみません。作業範囲にはドレンパンなどもしっかり洗浄していただけることになっていますか?」

と聞いてもいいかもしれません。

ドレンパンとはアルミフィンに結露した水が溜まって外部に流れてゆく通り道です。

エアコンは冷房運転をすると構造上どうしてもそこに水滴がたまり、
カビや水あか、ゴミなどがたくさん付着しています。

しかし、ドレンパンは外からは見えないのです。

それで安価で短い作業時間で終わる業者は、その外から見えないドレンパンの掃除を
しないか、大雑把にしか行なわないことがあります。

しかしドレンパンをしっかり洗わなければ、またすぐにカビが発生したり、悪臭の原因に
なります。

ですから、ドレンパンの清掃は大切なのです。


確認するのはちょっと失礼に聞こえるかもしれませんが、お客様の立場なら
それくらいは確認する権利はありますし、「このお客さんはよく知っていそうなので
手抜きは出来ないな」と思ってくれるかもしれません。

そもそも、いつもしっかり洗浄している業者なら、「もちろんしっかり洗浄しますよ」
と答えてくれると思いますよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3926169
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック